ゲド戦記

テレビでやってたので、初めて『ゲド戦記』見ました。

何というか…ぽかーんとする映画ですね。

ジブリに思い入れが強いわけではないので、個人的には絵がどうのとか声が棒読みとか演出が何だというのはそんなに気にしません。

原作ぶち壊しとか言われていますが、そもそも原作も読んでないのでそれも気にしません。

(あまりファンタジー小説は好きではないのです…)

ただ、ストーリーは完全に見るものを置いていきますね。

 

目の前に大きな父の影があって、最初から豪華なスタッフや設備に囲まれて、「よし、俺もアニメで名を上げるぞ!」ってなったら、そりゃ監督ひとり突っ走った映画になっちゃうよね。

 

 

下はこの前描いた『脱皮』別バージョンのラフラフ。

私はイラストを描きたいので、こういった動きのある絵は基本的に落書き止まりです。

f:id:mentlament:20140118011826j:plain