ソースコードは言語です。ある意味設計書です

今のプロジェクトはアジャイルよりの開発のため、意味のない作業がなくて助かります。昔からの開発の流れにこだわる頭の固いリーダーだとこうはいきません。

頭の固いリーダーは基本的にコードを読めません。そのため、コードを翻訳したような設計書を求め、動きがわからないため冗長なテストを求めます。UMLを理解していないが故、独自のよくわからないフォーマットのドキュメントを義務づけ、バグ曲線が描けないためひたすらバグ0を求めます。

と、こう書くとリーダーばっかり悪いようですが、彼らを説得できない開発者側にも原因があります。特にソフト開発者は人付き合いが苦手で、自分勝手に動きがちです。チームで物を作る、社員で会社を作る意識をもっと持つべきです。

さて、随分偉そうですが、半分は自分に対する文句を客観的に書いています。