ment-la-ment blog

かに…あわ…あわ…かぷかぷ…あわ…あわ…

袖飛車

何故か人気のない袖飛車。最近ちょっとハマってます。私の袖飛車はオリジナルで、かなり面白い変化をします。高段者には、通用しないと思いますが、不利にはならないと思うので、もしも興味のある方試してみて下さい。
(私自身そこまで将棋が強いわけではないので、アラがあったらごめんなさい)

▲9六歩 △3四歩 ▲3六歩
f:id:mentlament:20140522004525j:plain
謎の端歩から始まって、三手目で早くも袖飛車もよう。これを咎めに行くなら△5五角か△3二飛といったところですが…。

△5五角から見てみましょう。
第1図以下 △5五角 ▲7六歩 △2八角成 ▲同銀 △2二銀 ▲1五角打
f:id:mentlament:20140522010227j:plain
うっかり飛車を取るとパックマン戦法的なこの角が受けづらい。△3三飛打くらいですが、2枚の角の働きが良く先手優勢だと思います。
▲7六歩に対して一回角交換し、△6四角打とする手もあります。これには▲3五歩が面白い感じです。
第1図以下 △5五角 ▲7六歩 △8八角成 ▲同銀 △6四角打 ▲3五歩 △2八角成 ▲同銀 △3五歩 ▲4五角打 △5五飛打 ▲5六角打
f:id:mentlament:20140525004219j:plain
この後、後手の手次第で少しややこしい展開になります。
第3図以下 △4五飛 ▲同角 △7四角打 ▲5八金右 △3二金 ▲7五歩 △4四歩 ▲7四歩 △4五歩 ▲5五角打 △6四角打 ▲同角 △同歩 ▲3三歩成 △同桂 ▲6三飛打 △6二銀 ▲6四飛成 △6三歩打 ▲7五龍 △6四角打 ▲7八龍 →先手優勢(▲6三飛打がすばらしい。△6五桂、△5五角共に▲5三飛成で防げる)
f:id:mentlament:20140525015403j:plain
第3図以下 △同飛 ▲同歩 △5七角打 ▲6三角成 △6二飛 ▲8一馬 △6七飛成 ▲5八金右 →先手優勢(一瞬ヒヤッとしますがしっかり受かってます)
f:id:mentlament:20140525015418j:plain
第3図以下 △3二金 ▲6三角成 △5二金 ▲6四馬 △5六飛 ▲同歩 △6二飛 ▲5五馬 △6四角打 ▲同馬 △同飛 ▲5八金右 →優劣不明?
f:id:mentlament:20140525015428j:plain

続いて第1図から△3二飛の変化。
第1図以下 △3二飛 △3八飛 ▲5五角 △7六歩 ▲1九角成 △1一角成
f:id:mentlament:20140522010854j:plain
さて、この変化はどちらが優勢なのか? 後手が一手早く見えますが、実は先手が左翼の2枚の歩分手得しています。この歩が生かせる展開になれば先手が指せそうです。

以下、いくつか変化の例。
第4図以下 △2九馬 ▲2一馬 △3八馬 ▲同金 △1九飛打 ▲1五角打。△3七香打を潰して先手優勢。
f:id:mentlament:20140522011259j:plain
第4図以下 △2九馬 ▲2一馬 △4四香打 ▲4八香打 △5五桂打 ▲5二金左。後手の攻め切れ。▲4八香打は大事。ケチると受からなくなります。金で受けると香を切ってからの△5五桂の筋があり、銀で受けると飛車馬交換からの打ち込みの隙間ができます。△6四香打と逆サイドから来た場合も注意。
f:id:mentlament:20140522020027j:plain
第4図以下 △2二飛 ▲2八飛。穏やかな変化。双方飛車取りからの打ち込みを警戒しながら形を整えていく展開。初手の▲9六歩と持ち駒の香を生かして端攻めも意識していきたい。4九の金を剥がすと△3八香打から馬を利用されるので注意。(相手の4一の金が剥がれた時は逆に狙える)
f:id:mentlament:20140522013231j:plain


第1図から△3二金のような無難な手は、▲2八銀と上がってから3筋の歩交換で先手不満なし。
(すぐに交換を要求すると、▲3五歩の瞬間に△5五角、▲2八銀、△3五歩と歩を掠め取られる手順があるので注意)


今日はここまでです。
初手の▲9六歩にはもういっちょ狙いがあって第1図以下△8四歩と飛車先の歩を伸ばして来たときに1手手を抜けるのです。その変化はまだ調査中なのでまた今度。(少し変わった空中戦になります)
個人的に急戦袖飛車は、角道を通す前に飛車を振ったほうが良いと考えてます。(ダイレクトに角交換されると3六歩が傷になりやすい)

※2014/5/25, 2014/6/15加筆