川内原発

日本人の半分以上は、「せんだい原発?? 仙台に原発なんてあったかいな?」と思うと思いますが、仙台じゃないです。川内です。薩摩川内

川内原発が再稼動に向けて動き出したということで九州のニュースは持ちきりです。

 

私個人は、「どちらかというと原発賛成派」くらいで特に強い意志は持ってないのですが、今回の川内原発再稼動はやや強引だった気がしています。事前に住民と十分な話し合いがされておらず、決定事項として強行してしまった感が強いです。電力会社は面倒でも話し合いを重ねて趣旨を理解をしてもらい、お互いしこりを失くすべきだったと思います。

(まぁ、デモとか行っている強行反対派の人はあまり聞く耳を持ってないかもしれませんが…)

 

私が「どちらかというと原発賛成派」の立場なのは、(少なくとも当面は)自然エネルギーは使いものにならないと思っているからです。

太陽光発電も政府補助がなければ役に立たないし廃棄物も出る、風力発電も全然クリーンじゃない、それ以外の発電はイマイチ安定しない。技術の革新があれば将来使えるものになるのかもしれませんが、それを言うなら原子力だって核融合等革新の余地が残されています。

ただ、そうは言っても私は単にエネルギーを消費するだけ人。電力会社と発電所を立てる地域の方々、お互い遺恨が残らないようにしてもらいたいです。

 

環境云々を言うのであれば、発電方法をどうするかを考える以前にエネルギーに頼りきった社会を見直すのが一番ですよね。

晴耕雨読、朝日と共に起きて日が沈んだら寝る。そうまでしないにしても、少しだけ生活をそれに近づけるだけでも良いと思います。光熱費も節約したいしね。

 

f:id:mentlament:20150812133253j:plain

線入れ中。