ment-la-ment blog

かに…あわ…あわ…かぷかぷ…あわ…あわ…

詰め将棋解答

ment.hatenablog.jp


詰め将棋の回答です。ごめんなさい、わりと簡単な余詰めがあったので問題少し修正しました。ダメダメですね。

f:id:mentlament:20151204031909j:plain
図1

▲2三銀、△同玉、▲2二竜、△同玉、▲3三金、△2一玉、▲3一銀成、△同玉、▲5三角成、△4二銀、▲同馬、△同香、▲2二銀、△4一玉、▲5三桂、△5二玉、▲6一銀不成、△5一玉、▲5二飛、△同角、▲同銀成、△同玉、▲7四角、△6二玉、▲6三角成、△5一玉、▲4一馬、△6二玉、▲6三歩成、△7一玉、▲6一桂成、△同玉、▲5二馬、△7一玉、▲6二馬(または▲6二と)

ちょっとだけ解説。

9手目▲5三角成までは、詰め将棋らしいですがわりとよく見る手順。玉は下段に落とせ。
f:id:mentlament:20151204032555j:plain
図2

▲5三角成に対して、△2一玉は▲4三馬から、△4二香は▲同馬から即詰みのため合い駒を打つしかありません。
銀金飛以外の合い駒は、▲2三桂、△2一玉、▲4三馬から即詰み。
金、飛合いに▲2三桂、△2一玉、▲4三馬は、合い駒が利くため桂合いあたりで残ります。
ですので、金、飛合いに▲同馬、△同香、▲2三桂、△4一玉、▲3一金(飛)、△5二玉、▲5三歩成が正解。

そうなると、受け方の正解は銀合いです。
以下、▲同馬、△同香、▲2二銀、△4一玉、▲5三桂、△5二玉、▲6一銀不成、△5一玉と続き下図。
f:id:mentlament:20151204032638j:plain
図3

ぱっと見、▲4一飛と▲4二金が映りますが、どちらも際どいですが捕まりません。ここは単純に▲5二飛から要駒になる角を取りにいきます。
▲5二飛、△同角、▲同銀成、△同玉で下図。
f:id:mentlament:20151204032738j:plain
図4

角は7四から打ちます。
▲7四角に合い駒は何で受けても短い詰み。
▲7四角の応手は、危なそうに見える△6二玉が正解です。33手詰めになった人は△5一玉と逃げてしまった人だと思います。
▲7四角以下、△6二玉、▲6三角成、△5一玉、▲4一馬という角(馬)の動きがポイント。
△6二玉、▲6三歩成、△7一玉、▲6一桂成として以下馬が寄って詰みです。
f:id:mentlament:20151204032928j:plain
図5

図4の▲7四角、△6二玉以下、▲6三歩成は△7一玉、▲6一桂成、△同玉、▲8三馬、△5一玉、▲7三馬、△4一玉、▲4二金、△同玉、▲6四馬、△3二玉、▲3一馬、△2三玉で捕まらず。

以上です。余詰め修正ごめんなさい!!