読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ment-la-ment blog

かに…あわ…あわ…かぷかぷ…あわ…あわ…

努力

ショート・ショート、コラム

私は努力する人が好きです。そして、努力は報われると思っています。
まぁ、100%とは言いませんが、少なくとも報われる確率は相当努力に依存していると思っています。

一所懸命仕事をしても評価されなかった。頑張って勉強したけど試験に落ちた。私も経験あります。
でも、それって、そんな目的で努力してるんではないですよね?
もし評価されるのが目的ならそういう仕事の仕方がありますし、試験に受かるだけならそういう勉強方法があります。
良い仕事には喜んでくれる人がいますし、行った勉強は知識として確実に蓄積されます。
一概に選べないかもしれませんが、一体どちらが目的の努力だったのか?


努力が報われないと思っている人は、努力する方向が間違っているのではないでしょうか?
やりたいことをやるのが努力ではなく、やるべきことをやることが努力です。
ここを履き違えると、本人がいくら頑張っていてもそれは無駄になっていることが多い。

仕事をしているとよく「こんなに頑張っているのに全然報われない」と言う人がいます。
でも傍から見ると、聞けば解決することを延々と調べていたり、許容すれば良いだけのリスクに対して回避策を検討していたり、問題の本質に手を入れずに周辺で云々唸って歪な解決策を探していたり、とずれた方向で頑張っています。
これで愚痴っても「おまえ、いつも残業しているけど結局何もできてないじゃん」となってしまいます。
きちんと方向性を合わせれば高いパフォーマンスが出せるのに本当に勿体無い…。


色々書きましたが、わかっていても正しい努力をするのはなかなか難しいです。
私もつい好きなこと、楽なことに流されてしまう性分なので、やはり努力できる人は素晴らしいと思います。


イラストはちょっと進行。
f:id:mentlament:20160618072616j:plain