馬越峠

今回は夏に行った熊野古道の紹介です。熊野古道は大好きで何度か訪れています。やはり大雲取が一番面白いですが、他のコースもなかなか良いので、1度来られたことのある方も2度3度と足を運んで欲しいです。

 

名古屋から日帰り青春18切符で向かいました。電車での移動時間が長いので、手頃な相賀駅→尾鷲駅の馬越峠コースになります。

 

f:id:mentlament:20170723115617j:plain

相賀駅。スタート地点です。

 

 

f:id:mentlament:20170723125003j:plain

駅から少し歩くと登山口。途中の道の駅で嫁さんに頼まれていたヒノキのまな板(大きめ)を買ったのですが、ゼロポイントのザックのウィッシュボーン(フレームの背骨合わせ)を邪魔して背負いにくくなってしまいました。あうあう。

 

f:id:mentlament:20170723131845j:plain

熊野古道名物の石畳。綺麗なのですが、この後に小雨が降り滑る滑る。

 

f:id:mentlament:20170723133843j:plain

峠越え自体は2時間程度。雰囲気の良い道が続きのんびり回れます。梅雨に綺麗に苔が育つので、緑が綺麗な夏がオススメです。蒸し暑いですけどね。

 

 

f:id:mentlament:20170723144452j:plain

f:id:mentlament:20170723144844j:plain

f:id:mentlament:20170723152522j:plain

時間が余りそうだったので、天狗倉山→おちょぼ岩にも寄り道です。

 

f:id:mentlament:20170723144128j:plain

お昼ごはんはさんま寿司。わさびではなく和がらしなのが嬉しい。

 

f:id:mentlament:20170723164706j:plain

峠を越えて、尾鷲側。楽しかった。

次回は同じく夏に行った浜松と豊川の紹介です。