読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ment-la-ment blog

かに…あわ…あわ…かぷかぷ…あわ…あわ…

虚無主義

ショート・ショート、コラム

私は学生の頃に強く虚無主義に傾倒していた時期がありました。ただカッコつけたかっただけなのですが、この虚無主義ってものが結構厄介で随分と悩まされました。答えがない(答えが意味を持たない)のに、グダグダと堂々巡りの思考の迷路を歩き回り、結局は何にも出来なくなってしまいます。

「頑張って人生豊かに生きよう」→生あるものいずれ死ぬ。人の世の栄華に意味はない。
明日は明日の風が吹く。キリギリスでいこうぜ」→楽しむなんて一時のこと。水面に浮かぶ泡と同じ。過ぎてしまえば楽しんだことにすら意味は無くなる。
「じゃあ、いいよ。もう死ねよ」→いずれ死ぬのに今わざわざ能動的に死ぬ行動を起こすことになんの意味があるのか、となります。
(まぁ、最後の考え方はしっかりご飯を食べたりトイレに行っている時点で中途半端なものだったんですが、学生の頃なので大目にみて下さい)

青春(?)ですね。春のような華やかさはないですが、ひたすら青い感じがあります。あの頃に戻ってモヤモヤしている自分を見てニヤニヤしたいですね。
かなり悩まされた虚無主義からめんと少年はどうやって脱却したのか!? 続きはまた後日。

それにしても学生の頃の思考を告白するのはかなり恥ずかしいですね。でもまぁ、ネットの世界。恥はかき捨て。引き続きゲロゲロしていきましょう。