暗い気分の夜は死後の世界を妄想する

おそらく日本人の95%は死んだら無になるという考え方だと思うが、厳密に言うとこれは間違っている。

 

正しくは「最初から無」である。

無から有は生まれないし、有が無になったりはしない。

つまり、生きるも死ぬも何も人生は始めっから虚無なのである。

 

遺伝子は残る。行った社会貢献は後の世に生きる。世界はそうやって小さな命の組み合わせで回っている。

言葉ではわかってはいるが、空になってシュコシュコ空気を流している心の臓は埋まらない。

人生と言うのは無明の闇が見た一睡の夢。そう思って、今日もみんな首を括る。

 

だから、私は死後の世界の話が好きだ。あるかないか、本当か嘘かはどうでもよい。

死んだ私は泣きながら永遠に夜空を飛び回る。来る筈の無い朝を待ちながら…。